頬を触る女性

大阪でもふたえ整形は認知されて母から子に勧めることもある

くっきりとした瞼に憧れるなら大阪でふたえ整形しよう

女性と花

昔から二重のくりっとした目に憧れており、ずっと整形をしたいと思っていました。高校は、校則も親も厳しかったのでチャレンジ出来ませんでしたが、大学生になり解放され、整形を考えるようになりました。そこで、色々先生に話を聞き勉強になったのでそれを書いてみようと思います。まず、手法として、埋没法、切開法、部分切開法を紹介されました。メジャーなのは、埋没法。日本人のほとんどはこちらの手法だそうです。糸を埋め込み、二重のラインを作るそうです。手術の時間が短く、腫れも少ないので、休みのない方にはオススメだそう。また、もし気に入らなくなった時は外すことも出来るので、手軽にできます。切開法、これは瞼を切開し縫い合わせ、二重を作る方法です。まぶたにたるみがある方にはおすすめだそうですが、腫れがひどく、手術にかかる時間も長くあまりおすすめはされませんでした。部分切開法、これは少しだけ(1~1.5cm)切開し二重にする手法。イメージ的には、埋没法をより強化したような感じでした。傷が残りやすいので、こちらもオススメされませんでした。結局私も埋没法でトライしました。ドクターによって上手い下手はあるみたいなので、口コミは大切だと思います。私は大成功でした。今のところあまりバレていません。いつでも二重だと、化粧も楽だしスッピンも恥ずかしくなくなりました。

TOP